懸念すること

関西のデリヘル店が今後懸念しなければいけない点はリフレの台頭です。JKリフレや添い寝リフレなどソフトな風俗店が増えてきています。こういったリフレは関東でおおはやりして関西にも目が向けられているのです。関西より関東の方がロリ気質が高いので関東ほどはやるとは思いませんがデリヘル店の敵になってくることは間違いないでしょう。

リフレ店がリフレだけで終わればそこまで驚異的な存在にはならないと思いますがやはり違法店というのは存在します。リフレ店が徐々に過激なサービスをし始めてアンダーグラウンドでお客様を喜ばせることになるとそちらにお客様を取られてしまうことが懸念されます。そういった店は摘発を受けることになるのですが、一度離れたお客様を取り戻すとなるとなかなか厳しいものがあります。仮にそういったお客様を戻す為に価格を下げるといった行動をとってしまうとその後ずっと価格を下げ続けなければいけなくなってしまう可能性があるのです。

そうなってくるとデリヘル嬢の取り分も減ってしまい面白くないことになります。リフレで済んでいるうちはいいのですが徐々に店舗型ヘルスに近づいている感が否めないので注視する必要が出てくるでしょう。